トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ北海道・東北の温泉 > 北海道 定山渓温泉

北海道 定山渓温泉

北海道 定山渓温泉の画像

定山渓温泉は、北海道石狩支庁管内札幌市南区の定山渓温泉地区にある温泉です。
札幌の奥座敷とも呼ばれています。古くよりアイヌに知られ、江戸時代には通行した日本人が入り、1866年に美泉定山が温泉宿を開いています。
1918年に定山渓鉄道が通ったことで発展してきました。札幌の至近にある温泉で、市内の人たちをはじめとして、札幌観光の一環として多くの道外、また外国からの観光客が利用しています。

札幌市の調べによりますと、2003年度(4月から翌年3月)に日帰り客91万1千人、宿泊客152万8千人、計239万9千人の観光客が訪れ、宿泊客のうち36902人が外国人だったそうです。
豊かな自然に恵まれた渓谷にある定山渓温泉は、市内中心部から車で約1時間の近さにあるとは思えないほどの別世界です。
景勝地としても名高く、散策コース沿いには湯の滝、定山渓のシンボルかっぱ大王、かっぱ伝説があるかっぱ淵を見下ろす二見吊り橋などがあります。

また、朝日岳登山口には、背後の山をくり抜いた130mの洞窟の壁に、三十三身の観音像が安置された岩戸観音堂もあり、魅力あふれる観光地となっています。
定山渓温泉は、札幌から近いこともあって日帰りでの入浴でも人気があります。
北海道札幌観光もかねて温泉を楽しんでいるようです。
日帰り温泉は、大人が1000~1500円程度で各ホテルや旅館で利用できるようになっています。定山渓温泉は、豊平川の川底から湧き出ていますからその川に沿って旅館やホテル、民宿が軒を並べています。

近くに札幌国際スキー場もあってスキーの疲れを温泉で癒すこともできるということです。定山渓温泉の人気の宿泊施設では、ゆらら、花もみじ、湯の花、ぬくもり宿ふる川、鹿の湯、ミリオーネ、第一ホテルなどが挙げられます。
定山渓温泉の泉質は弱食塩泉で、リューマチ、神経痛、胃腸病などの効能があります。
新名所として、かっぱ家族の願かけ手湯と長寿と健康の足つぼの湯が大人気となっています。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 北海道 登別温泉

登別温泉は、北海道胆振支庁管内登別市にある温泉です。江戸時代からその存在は知られており、明治時代に温泉宿が建てられてからは、保養地、観光地となっています。地獄谷は、学問的に言いますと爆裂火口の跡になります。 登別温泉最大の源泉エリアで、直径約450mのエリアに15ほどの源泉の穴が密集しています。11の泉質で、毎分3000リットルほどが湧き出しています。温泉天国である北海道の中でも、特に人気の温泉地は登別温泉でしょう。 その一番の魅力は、温泉のデパートと称されるほどの湯質の豊

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。