トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ関東・中部の温泉 > 栃木県 鬼怒川温泉

栃木県 鬼怒川温泉

栃木県 鬼怒川温泉の画像

鬼怒川温泉は、栃木県日光市にある温泉です。
関東を代表する箱根と並び、東京の奥座敷と称され、東京の浅草または新宿から特急列車で約2時間のところにあります。
鬼怒川温泉の発見は宝暦2年とされ、鬼怒川西岸の滝村から湯が湧き、滝温泉と呼ばれていたそうです。
多くは、日光詣での諸大名や僧侶たちの湯治場として利用され、一般の人々に開放されるようになったのは明治に入ってからだということです。

明治2年、滝温泉の対岸に藤原温泉が発見され、昭和2年に二つの温泉を鬼怒川温泉と呼ぶようになりました。
観光客は年々増加し、関東屈指の温泉郷となっています。
無色透明な鬼怒川温泉のお湯は、アルカリ性単純泉です。
火傷をはじめ、神経痛や関節痛、疲労回復などに効能があり、多くの人々に親しまれています。
周辺一帯が日光国立公園に指定されている鬼怒川の上流に広がっている大温泉地です。
その渓谷美を求めて、多くの人が訪れています。

鬼怒川ライン下りは、観光に外すことはできません。
渓流沿いの奇岩や断崖絶壁、生い茂る新緑や紅葉を船上から見上げる景観はまさに圧巻です。
急流や水しぶきなどスリルも満点です。
スリルを味わってから、鬼怒川温泉に浸るのも一興かもしれません。
その他にも観光名所が多く、年間を通して鬼怒川温泉は賑わっています。
鬼怒川温泉の鬼怒川公園岩風呂は、鬼怒川公園の中にある町営の立ち寄り温泉です。
受付と休憩所だけの簡素な設備ですからタオルや石鹸などは持参したほうが良いでしょう。

内湯には、檜風呂と岩風呂、ガラス越しに庭木をあしらった露天風呂が男女それぞれに設けられています。
鬼怒川温泉駅の南側から、鬼怒川公園駅までの間、鬼怒川沿いの両岸、そして滝地区と藤原地区に数多くの大型ホテル、旅館の建物が並んでいます。
また、テーマパークやアミューズメント施設があります。
歓楽街温泉としても栄えた場所で、飲食屋なども数多くあったそうですが、実際に営業している店舗は少ないということです。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • すかっとランド九頭竜 福井県福井市天菅生町3−10 電話0776-59-1188
    • 嬉野観光ホテル大正屋 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2276−1 電話0954-42-1170
    • ロッジコクハ 新潟県妙高市大字関川池の平2433−2 電話0255-86-2259
    • 悠峯 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯508 電話0578-89-2345
    • 雲峰荘 山梨県甲州市塩山上萩原2715−23 電話0553-32-3818
    • ホテル平安 山梨県笛吹市石和町川中島538 電話055-263-5811
    • 富士屋 新潟県新潟市西蒲区岩室温泉693 電話0256-82-4151
    • 花水館 福島県南会津郡下郷町大字湯野上字寄上乙1359 電話0241-68-2512

今日のお勧め記事 ⇒ 大分県 由布院・湯平温泉

湯平温泉は、大分県由布市湯布院町湯平にある温泉です。 その歴史は、隣接する由布院温泉よりも古く、言い伝えによりますと、鎌倉時代に始まるとされ、史料でも室町時代には存在していたことが確認されています。 昭和の町村大合併で旧由布院町と合併して旧湯布院町となる以前は、療養型温泉として知られ、戦前は別府温泉に次ぐ、九州で第2位の入湯客を誇る温泉地として名を馳せていました。 現在のような温泉街の骨格が出来上がったのは江戸後期で、今から約300年前に工藤三助という人が現在の石畳を作った

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。