トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ関東・中部の温泉 > 岐阜県 奥飛騨温泉

岐阜県 奥飛騨温泉

岐阜県 奥飛騨温泉の画像

日本の屋根北アルプスの懐に抱かれているのが、奥飛騨温泉郷です。
雄大な大自然に包まれてゆったりとした時間が流れていきます。
自然との語らいの中から、平湯、福地、新平湯、栃尾、そして新穂高という温もりのあふれた5つの温泉地が育まれてきたということです。
山里ならではの郷愁を誘う風情、日本一と称される露天風呂、そして四季折々に豊かに表情を変える自然が、人々の心を打ちます。

飛騨温泉郷は平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高の各温泉で構成されていますが、大小100ヶあまりの露天風呂があり、その数は日本一と言われています。
また、北アルプスの登山口としても知られており、毎年数多くの登山者で賑わっています。
四季折々でイペントが開催されていて、春は栃尾温泉桜祭り、夏には新平湯温泉いで湯祭り、秋にはライトアップ新穂高、そして冬は平湯大滝結氷祭りがあります。
平湯温泉は、岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷にある温泉です。

安房トンネルの開通により松本方面への交通アクセスが大幅に向上し、また上高地や乗鞍の2観光地のマイカー規制が始まったことにより、平湯温泉の駐車場に自動車を駐車して、ここから頻発されるシャトルバスに乗るという観光ルートが誕生しています。
平家の落武者伝説を残す、山里の素朴ないで湯が奥飛騨温泉郷の一つ福地温泉です。
平安の世に、村上天皇がおしのびで療養されたことから天皇泉とも言われている古い温泉です。

また、福地温泉は古生代の化石の産地としても知られており、日本最古の化石が出土し学術的にも注目されているということです。
国道158号の安房トンネルと平湯トンネルの間にある平湯温泉を起点に、国道471号沿いに栃尾温泉までが点在しています。
栃尾温泉から蒲田川沿いに上流へ上がっていきますと新穂高温泉があります。
奥飛騨温泉郷内全体で別府温泉、由布院温泉に次ぐ毎分44000リットル超の豊富な湧出量があり、郷内の各温泉には無料または寸志で入浴できる共同浴場や露天風呂が多くあります。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • 紅柿荘 石川県加賀市山代温泉7区17−128 電話0761-77-0234
    • こいと旅館 福島県いわき市常磐湯本町笠井1 電話0246-42-2151
    • 南津軽錦水 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字上牡丹森36−1 電話0172-47-5800
    • 老神観光ホテル観山荘 群馬県沼田市利根町老神612 電話0278-56-2323
    • ホテル板室 栃木県那須塩原市百村3072−26 電話0287-69-0771
    • 雪秩父 北海道磯谷郡蘭越町字湯里680−2 電話0136-58-2328
    • 水明館佳留萱山荘 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555 電話0578-89-2801
    • 駒ヶ根温泉ホテル 長野県駒ヶ根市駒ヶ根高原497 電話0265-83-5656

今日のお勧め記事 ⇒ 秋田県 田沢湖温泉

秋田県の田沢湖温泉は、東京から新幹線に乗りJR田沢湖駅で下車し、さらにバスで約30分のところにあります。 夏は都会と違い非常に涼しく過ごしやすく、海とは違う清涼感があります。 秋の紅葉は、感動ものです。 冬には、近くにある田沢湖高原アッスルスキー場からたくさんのスキーヤーが田沢湖温泉を訪れています。 山間にある田沢湖温泉は、自然に恵まれており、疲れた身体や心を癒してくれます。 田沢湖の源泉は、温度の低いものです。 ですから、よく知られているマグマ溜まりで沸騰して湧き出てくる

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。