トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ関西・四国・中国の温泉 > 兵庫県 城崎温泉

兵庫県 城崎温泉

兵庫県 城崎温泉の画像

城崎温泉は、兵庫県豊岡市城崎町にある温泉です。
平安時代から知られている温泉で1300年の歴史を誇っています。
江戸時代には、海内第一泉と呼ばれていて、今もその碑が残っています。
基本的に七湯ある外湯めぐりが主体の温泉です。
その筆頭である一の湯は、江戸時代には新湯(あらゆ)と呼ばれていましたが、医師香川修徳が泉質を絶賛し、海内一(日本一)の意味を込めて一の湯に改名しています。

また、さとの湯は正式名称を豊岡市立城崎温泉交流センターと言い、浴場施設及び研修室が指定管理者制度による公設民営、その他の施設が市営であり、施設内に豊岡市城崎総合支所温泉課があるということです。
兵庫県北部に位置する城崎温泉は、古い歴史を持つ全国でも数少ない温泉地の一つです。
コウノトリが傷を癒したという伝説がある鴻の湯、道智上人が難病治療を願って曼陀羅を修めて掘りあてたと言い伝えられている曼陀羅湯などがあり、文豪志賀直哉がこの地を訪れて「城の崎にて」を著したことはあまりにも有名です。

その志賀直哉ゆかりの宿が、城崎温泉・三木屋です。
志賀直哉の代表作・城の崎にては、三木屋から誕生し、現在でも執筆当時の面影を残し、窓際の籐椅子や部屋の隅にある机など、志賀直哉が宿泊した部屋を見ることができます。
創業260年の歴史を誇る三木屋は、数奇屋造り木造3階建てで、古びた佇まいの中に格式と風情があります。

大正時代の北但大震災によって壊滅状態になった温泉市街地は、町民の努力によって驚くべき速さで復興を成し遂げ、それらの歴史的背景とともに城崎温泉はこれからも進化していくことでしょう。
木造の旅館や店が軒を連ねる昔ながらの温泉街では、夕方ともなりますと外湯へ向かう人々で賑わいを見せます。
スマートボールの遊技場や土産物店の明かりが、いで湯の街を灯します。
宿ごとに趣向を凝らした浴衣を着て、下駄をと鳴らしながら、城崎発祥の外湯めぐりを堪能できます。
また、冬場はカニと温泉が魅力となります。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • すかっとランド九頭竜 福井県福井市天菅生町3−10 電話0776-59-1188
    • 嬉野観光ホテル大正屋 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2276−1 電話0954-42-1170
    • ロッジコクハ 新潟県妙高市大字関川池の平2433−2 電話0255-86-2259
    • 悠峯 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯508 電話0578-89-2345
    • 雲峰荘 山梨県甲州市塩山上萩原2715−23 電話0553-32-3818
    • ホテル平安 山梨県笛吹市石和町川中島538 電話055-263-5811
    • 富士屋 新潟県新潟市西蒲区岩室温泉693 電話0256-82-4151
    • 花水館 福島県南会津郡下郷町大字湯野上字寄上乙1359 電話0241-68-2512

今日のお勧め記事 ⇒ 神奈川県 箱根温泉

箱根温泉は、神奈川県足柄下郡箱根町にある温泉の総称です。 箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに温泉街が点在しています。 付近は、富士箱根伊豆国立公園に指定されています。 箱根温泉は、約1300年前の奈良時代に最初の温泉が発見され、江戸時代には湯本、塔之沢、堂ケ島、宮ノ下、底倉、木賀、そして芦之湯のいわゆる箱根七湯の温泉場が開けていたそうです。 この箱根七湯は、江戸時代に七湯の枝折として編集されて、七湯の泉質、湯宿の名称、そして効能などと当時の湯治風景が書かれ、絵図などによっ

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。