トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ関西・四国・中国の温泉 > 愛媛県 道後温泉

愛媛県 道後温泉

愛媛県 道後温泉の画像

道後温泉は、愛媛県松山市に湧出する温泉です。
日本三古湯の一つです。
その存在は、古代から知られており、古名を「にきたつ」と言い、万葉集巻一に見えます。
なお、かつてはこの周辺が温泉郡(湯郡)と呼ばれていましたが、これはこの温泉にちなむ地名です。
伊予国(いよのくに)という名前も湯国(ゆのくに)が転じたものという説があります。

道後温泉は1905年に発表された夏目漱石の小説「坊っちゃん」の中に描かれていることでも知られていますが、毎年多くのファンが訪れる観光名所にもなっています。
「坊っちゃん」の中では、道後温泉は愛媛県を代表的する観光地とされ、2007年の道後温泉旅館共同組合からの申請により、地域団体商標(地域ブランド)に認定されているということです。
道後温泉のシンボル、道後温泉本館は、明治27年に建築された三層楼のどっしりした構えで、近代的なホテルや商店街の中にあってひときわ風格ある姿を呈しています。

浴場は二種類あり、1階の大浴場を神の湯、小さい方を霊の湯と言い、浴槽は花崗岩で造られています。
泉質は、アルカリ性単純泉で、日本人の肌に合うなめらかなお湯となっています。
湯治や美容にと多くの人たちから親しまれ、明治以来の伝統として暖かい落ち着いた感じが保たれています。
道後温泉でお勧めするお宿として、ホテル古湧園には6つの内湯、2つの露天風呂があります。
午前0時に男女入れ替えがありますから、夜と朝に入りますとすべての湯船を制覇できるでしょう。

温泉は24時間入浴できます。
また、料理もお勧めで、瀬戸内海の旬の素材を中心とした会席料理、 舟盛り、一品料理など舌を唸らせてくれるでしょう。
道後温泉の泉質は単純温泉で、温度は42~51度、神経痛やリウマチ、胃腸病や通風、皮膚病や貧血に効能があるとされています。
温泉は3回入りますと効果が現われやすいと言われていますから、ゆっくりと時間をかけながら湯船に浸かり道後温泉を満喫してみましょう。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 岐阜県 下呂温泉

下呂温泉は、岐阜県下呂市にある温泉です。 林羅山が有馬温泉、草津温泉とともに、日本三名泉に数えたことから、日本三名泉と称されています。 延喜年間から天暦年間の頃に現在の温泉地から離れた場所である、湯が峰の山頂付近に温泉が湧出したのが始まりとされています。 益田川の川原に立つ何本もの塔がありますが、これが下呂温泉の源泉です。 街の中央にかかっているいで湯大橋のすぐ下の川原には、石で囲った噴泉地、つまり自然の野天風呂があります。 もちろん、入場無料となっています。 周囲からは、

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。