トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ関西・四国・中国の温泉 > 島根県 玉造温泉

島根県 玉造温泉

島根県 玉造温泉の画像

奈良時代初期に開湯した、日本でも最古の歴史を有する玉造温泉は、大国主命とともに国造りをした少彦名命が発見、神代の頃からあったという伝説があるようです。
江戸時代に松江藩は、泉質もよく環境にも恵まれた玉造温泉に別荘「お茶屋」を造って、代々の藩主が静養に訪れています。
また、湯どころには、温泉の管理者「湯之介」が登場し、玉造温泉でも元湯・公衆浴場の管理、湯賃の取り立てといったことを松江藩から任された湯之介が大きな力を持って玉造温泉の一切を取り仕切ったとされています。

玉造温泉は、島根県松江市玉湯町玉造にある温泉です。
玉造温泉は、出雲風土記にも登場する古い歴史があり、今から約1600年前に湧出したという記録もあり、発見は少彦名命(すくなひこなのみこと)と言われています。
泉質は、無色透明のアルカリ性単純温泉で冷めにくく、リュウマチ、胃腸病、婦人病、そして皮ふ病などによく効く名湯です。

三名泉とされ、規模、歴史ともに島根県下随一、城崎温泉、皆生温泉、そして三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地です。
平成3年、玉造温泉に玉湯町リゾート計画および第3次玉湯町総合振興計画によって新泉源が開発されています。
この新しい温泉源を活用して、町民福祉の向上と観光振興の役割を担い、公衆浴場を主機能とした施設として、平成8年7月に誕生したのが、玉湯町公衆浴場等施設、玉造温泉ゆ~ゆです。

玉造温泉では、さまざまなイベントがも開催されていて、特に、安来節に合わせて踊るどじょうすくいは人気があるようです。
また、玉造温泉の観光には、えんむすび号という観光バスが用意されています。
温泉街を歩いて疲れましたら、玉湯川沿いの2つの足湯でひと休みしましょう。
温泉に足を浸けながら、風景を愛でるのも良いでしょう。
玉造温泉での料理は、山陰の宿に見られる日本海の幸のほか、コイの姿造り、モロゲエビ、スズキといった宍道湖七珍を取り入れた名物料理が特徴となっています。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • 紅柿荘 石川県加賀市山代温泉7区17−128 電話0761-77-0234
    • こいと旅館 福島県いわき市常磐湯本町笠井1 電話0246-42-2151
    • 南津軽錦水 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字上牡丹森36−1 電話0172-47-5800
    • 老神観光ホテル観山荘 群馬県沼田市利根町老神612 電話0278-56-2323
    • ホテル板室 栃木県那須塩原市百村3072−26 電話0287-69-0771
    • 雪秩父 北海道磯谷郡蘭越町字湯里680−2 電話0136-58-2328
    • 水明館佳留萱山荘 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555 電話0578-89-2801
    • 駒ヶ根温泉ホテル 長野県駒ヶ根市駒ヶ根高原497 電話0265-83-5656

今日のお勧め記事 ⇒ 大分県 由布院・湯平温泉

湯平温泉は、大分県由布市湯布院町湯平にある温泉です。 その歴史は、隣接する由布院温泉よりも古く、言い伝えによりますと、鎌倉時代に始まるとされ、史料でも室町時代には存在していたことが確認されています。 昭和の町村大合併で旧由布院町と合併して旧湯布院町となる以前は、療養型温泉として知られ、戦前は別府温泉に次ぐ、九州で第2位の入湯客を誇る温泉地として名を馳せていました。 現在のような温泉街の骨格が出来上がったのは江戸後期で、今から約300年前に工藤三助という人が現在の石畳を作った

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。