トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ九州の温泉 > 大分県 由布院・湯平温泉

大分県 由布院・湯平温泉

大分県 由布院・湯平温泉の画像

湯平温泉は、大分県由布市湯布院町湯平にある温泉です。
その歴史は、隣接する由布院温泉よりも古く、言い伝えによりますと、鎌倉時代に始まるとされ、史料でも室町時代には存在していたことが確認されています。
昭和の町村大合併で旧由布院町と合併して旧湯布院町となる以前は、療養型温泉として知られ、戦前は別府温泉に次ぐ、九州で第2位の入湯客を誇る温泉地として名を馳せていました。

現在のような温泉街の骨格が出来上がったのは江戸後期で、今から約300年前に工藤三助という人が現在の石畳を作ったのがきっかけと言われています。
以来、湯治場として発展をつづけ、大正から昭和初期にかけて一時代を築き上げています。
今では、温泉旅館やペンションなどが共同で営業しているショットバーも登場し、昔ながらの雰囲気だけではなく新しいものも取り入れられています。
湯平温泉は、由布市湯布院町の南部にある山あいのいで湯です。

300年の歴史を誇る古い温泉で、石畳の道を挟んで両側に約40軒の旅館や湯治客用の貸間、そして商店が軒が立ち並んでいます。
泉質は、単純食塩水で胃腸病などの飲用効果は広く知られていて、共同浴場も5ヶ所設けられています。
金の湯には、足湯も設置されています。
放浪の俳人として知られる種田山頭火も1930年(昭和5年)に湯平温泉を訪れ、句を残しています。
湯平温泉街の鄙びた風情や情緒ある雰囲気は、この石畳に依るところが大きいと言われています。

この道の裏を流れる花合野川も、湯平を語る上では欠かせない自然です。
山あいに奏でる川のせせらぎが、旅人をノスタルジーにさせます。
ほのぼのとした雰囲気が癒してくれます。
湯平温泉はは、古くからの湯治場としても有名で、昔ながらの共同浴場が観光客に人気となっています。
夕暮れどきともなりますと、石畳はお湯を求める人たちでにぎわいます。
湯平温泉は、全国3位の豊富な湯量を誇り、無色透明で疲労回復や筋肉痛、関節痛に効能があると言われています。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • 温泉ゆぽぽ 秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430 電話0187-44-3333
    • 今治湯ノ浦ハイツ 愛媛県今治市湯ノ浦23 電話0898-48-2000
    • アルペン浅間荘 長野県松本市浅間温泉2丁目8−18 電話0263-46-2222
    • 湯の沢温泉藤駒荘 秋田県山本郡藤里町藤琴字下湯の沢62 電話0185-79-2710
    • 炭乃湯 長野県下高井郡山ノ内町渋温泉 電話0269-33-3128
    • まるほん旅館 青森県下北郡風間浦村大字下風呂字下風呂113 電話0175-36-2330
    • 七味温泉紅葉館 長野県上高井郡高山村大字奥山田七味2974−45 電話026-242-2710
    • 多賀 岐阜県岐阜市長良福光2521 電話058-231-0167

今日のお勧め記事 ⇒ 岐阜県 奥飛騨温泉

日本の屋根北アルプスの懐に抱かれているのが、奥飛騨温泉郷です。 雄大な大自然に包まれてゆったりとした時間が流れていきます。 自然との語らいの中から、平湯、福地、新平湯、栃尾、そして新穂高という温もりのあふれた5つの温泉地が育まれてきたということです。 山里ならではの郷愁を誘う風情、日本一と称される露天風呂、そして四季折々に豊かに表情を変える自然が、人々の心を打ちます。 飛騨温泉郷は平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高の各温泉で構成されていますが、大小100ヶあまりの露天風呂があ

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。