トップ 全国温泉旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ九州の温泉 > 鹿児島県 指宿温泉(いぶすきおんせん)

鹿児島県 指宿温泉(いぶすきおんせん)

鹿児島県 指宿温泉(いぶすきおんせん)の画像

指宿温泉(いぶすきおんせん)は、鹿児島県指宿市東部にある摺ヶ浜温泉、弥次ヶ湯温泉、二月田温泉などの温泉群の総称です。
鹿児島県内有数の観光地であり、2003年(平成15年)において年間285万人の観光客が訪れ、91万人の宿泊客を集めています。
農業や養殖などへの温泉利用も盛んで、温泉の90%が産業利用されていた時期もあったそうです。
泉質は、おおむねナトリウム-塩化物泉ですが、地域や掘削深度によって塩分濃度や微量成分が違っています。

活動泉源は、およそ500ヶ所となっています。
一日あたりの総湧出量は約12万トンとされています。
湧出温度は50~60度がほとんどですが、100度に達するものもあります。
指宿温泉(いぶすきおんせん)で最も有名なのは、砂むし風呂です。
海岸に自然に湧き出る温泉で温められた砂の上に横たわって、上からさらに温かい砂をかけられる蒸し風呂のようなものですが、美容や健康に効果が高いとされています。
腰痛にも効果があるとスポーツ選手にも評判が高いようです。

指宿温泉(いぶすきおんせん)の砂むし風呂の入浴法ですが、まず、脱衣場ですべてを脱いで浴衣をはおります。
そして、海岸に下りて指定された砂の上に仰向けになります。
そうしますと、係のスタッフがシャベルでもって砂をかけてくれます。
これが、想像以上に砂が重く感じます。
全身に砂をかけられますと、全く身動きができなくなるほどです。
入浴の注意点として、1日に3回ぐらいまでを限度として入浴してください。

せっかく温泉旅行に来たのだからと言って、無理をして入り過ぎないようにしましょう。
薩摩半島東南端に位置する指宿温泉(いぶすきおんせん)郷は、錦江湾に面した海岸沿い約5kmにわたって温泉が湧き出ています。
かつて薩摩藩主が愛用していたという殿様湯をはじめ、9つの公衆浴場があり、鄙びた風情が温泉ファンを惹きつけています。
温泉の水源は、池田湖や鰻池に溜まった雨水と鹿児島湾からの海水が地下で混ざり合ったもので、熱源は阿多カルデラに関連したマグマだと言われています。

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • 紅柿荘 石川県加賀市山代温泉7区17−128 電話0761-77-0234
    • こいと旅館 福島県いわき市常磐湯本町笠井1 電話0246-42-2151
    • 南津軽錦水 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字上牡丹森36−1 電話0172-47-5800
    • 老神観光ホテル観山荘 群馬県沼田市利根町老神612 電話0278-56-2323
    • ホテル板室 栃木県那須塩原市百村3072−26 電話0287-69-0771
    • 雪秩父 北海道磯谷郡蘭越町字湯里680−2 電話0136-58-2328
    • 水明館佳留萱山荘 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555 電話0578-89-2801
    • 駒ヶ根温泉ホテル 長野県駒ヶ根市駒ヶ根高原497 電話0265-83-5656

今日のお勧め記事 ⇒ 神奈川県 箱根温泉

箱根温泉は、神奈川県足柄下郡箱根町にある温泉の総称です。 箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに温泉街が点在しています。 付近は、富士箱根伊豆国立公園に指定されています。 箱根温泉は、約1300年前の奈良時代に最初の温泉が発見され、江戸時代には湯本、塔之沢、堂ケ島、宮ノ下、底倉、木賀、そして芦之湯のいわゆる箱根七湯の温泉場が開けていたそうです。 この箱根七湯は、江戸時代に七湯の枝折として編集されて、七湯の泉質、湯宿の名称、そして効能などと当時の湯治風景が書かれ、絵図などによっ

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。