トップ 全国温泉旅館ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ青森県 > あおもり健康ランド

あおもり健康ランド

あおもり健康ランド

日替湯・薬湯・露天風呂・お食事・宴会等楽しさ色々!送迎バス有

冷えた体をお風呂であたため、ゆっくり休んで元気はつらつ!毎日わくわくサービスデー有。

あおもり健康ランド:DATA
住所〒038-0042
青森県青森市大字新城字平岡404-1
電話017-766-1000
FAX
URL
営業健康ランド 00:00~24:00
レストラン 11:30~21:30 年中無休、24時間営業
駐車場600台 駐車料金 無料
業種温泉浴場、温泉旅館、会館・ホール、ゲームセンター、サウナ、旅館、レストラン、和食レストラン
アクセス(最寄駅)
○奥羽本線・新青森駅徒歩10分
○JR線・青森駅より弘前方面へ車で15分(国道7号西バイパス)
(車)
○東北青森自動車道:青森ICからフェリー埠頭方面へ15分
○フェリー埠頭から弘前方面へ5分
お役立ち情報

あおもり健康ランドの地図

青森県青森市大字新城字平岡404-1

あおもり健康ランドの詳細をご紹介!

≪営業内容≫
 健康ランド/温泉/サウナ・風呂

【お風呂】
 大浴場・ひば風呂・露天風呂・漢方風呂・イベント風呂・サウナ・ジェットバス

【プール】
 ウォータースライダー・流水プール・日焼けマシーン

【その他】
 あかすり・ゲームコーナー・卓球コーナー・ビデオムービールーム

●各種宴会・レストラン・焼肉もできます。(宴会場は150名様まで可。)

●料金
 大人(12歳以上) 1785円
 子供(3歳~小学校) 840円
 団体割引(10名以上) 1575円
 深夜割増(23時~朝5時) 840円

<朝風呂サービスタイム>
 毎朝6:00~8:00に入館し、9:00迄にチェックアウトの方/525円(大人・子供)

<シルバーデー>
 毎週火曜日/60歳以上の方/1050円(年齢証明できる物をお持ち下さい。)

<レディースデー>
 毎週水曜日/中学生以上の女性の方/1365円

<メンズデー>
 毎週木曜日/中学生以上の男性の方/1365円

<夫婦の日>
 毎週金曜日/男女のカップルペアで/2310円(大人の方)

<バースデーサービス>
 誕生月に入館される大人の方/1050円(同伴者2名様まで同額)
 ※ご自分の誕生日に入館される方へは大人・子供に限らず1000円分の金券をプレゼント!
 ※バースデーサービス対象の方は証明できる物をお持ち下さい。

●プール営業日
 夏休み・冬休み・春休みは休まず営業しております。
 毎週土曜・日祝は営業(10:00~18:00)
 料金:プールお1人様 315円

●駐車場 600台

●送迎バスもあります。
 青森市内10名以上無料、市外の方15名以上送迎あり。
 (東青・津軽 一円は無料。その他地域は有料。)

●青森駅より無料定期バスもあります。
 (平日3往復。土・日・祝は4往復。詳しくはお問合せ下さい。)

●ゴールデンウィーク中・ねぶた期間中
 深夜料金が変更になります。

●劇団によるお芝居か地元歌手の歌謡ショーがあります。

≪交通目標≫
 ○新青森駅より徒歩10分
 ○JR青森駅より弘前方面へ車で15分(国道7号西バイパス)
 ○東北自動車道:青森ICよりフェリー埠頭方面へ車で15分
 ○フェリー埠頭より弘前方面へ車で5分

≪営業時間≫
 24時間営業 年中無休

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • 紅柿荘 石川県加賀市山代温泉7区17−128 電話0761-77-0234
    • こいと旅館 福島県いわき市常磐湯本町笠井1 電話0246-42-2151
    • 南津軽錦水 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐字上牡丹森36−1 電話0172-47-5800
    • 老神観光ホテル観山荘 群馬県沼田市利根町老神612 電話0278-56-2323
    • ホテル板室 栃木県那須塩原市百村3072−26 電話0287-69-0771
    • 雪秩父 北海道磯谷郡蘭越町字湯里680−2 電話0136-58-2328
    • 水明館佳留萱山荘 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555 電話0578-89-2801
    • 駒ヶ根温泉ホテル 長野県駒ヶ根市駒ヶ根高原497 電話0265-83-5656

今日のお勧め記事 ⇒ 兵庫県 城崎温泉

城崎温泉は、兵庫県豊岡市城崎町にある温泉です。 平安時代から知られている温泉で1300年の歴史を誇っています。 江戸時代には、海内第一泉と呼ばれていて、今もその碑が残っています。 基本的に七湯ある外湯めぐりが主体の温泉です。 その筆頭である一の湯は、江戸時代には新湯(あらゆ)と呼ばれていましたが、医師香川修徳が泉質を絶賛し、海内一(日本一)の意味を込めて一の湯に改名しています。 また、さとの湯は正式名称を豊岡市立城崎温泉交流センターと言い、浴場施設及び研修室が指定管理者制度

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。