トップ 全国温泉旅館ナビについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

全国温泉旅館ナビ山形県 > 材木栄屋旅館

材木栄屋旅館

材木栄屋旅館

木の香漂うおもてなし!お湯の良さ、食の味覚に80年の歴史あり

木造数寄屋造りの建物と日本庭園を持つ
安らぎと温もりの宿です。
館内は銘木をふんだんに使い、
木の香りと木目の美しさ・木調の優しさで
皆様をお待ちしております。
季節に応じた料理が、好評をいただいております。

材木栄屋旅館:DATA
住所〒999-3141
山形県上山市新湯6-11
電話023-672-1311
FAX023-672-1099
URLhttp://www.zaimokusakaeya.com
営業
駐車場有 
業種温泉旅館、割ぽう旅館、観光ホテル、観光旅館、ビジネス旅館、ホテル、旅館
アクセス(最寄駅)
○JR線・かみのやま温泉駅車で5分/徒歩10分
(車)
○山形自動車道:山形蔵王ICから20分
○東北中央自動車道:山形上山ICから13分
(その他)
かみのやま温泉駅からは送迎させていただいております
(但し、事前にご予約が必要です)
お役立ち情報

材木栄屋旅館の地図

山形県上山市新湯6-11

材木栄屋旅館の詳細をご紹介!

【材木栄屋の歴史】
 上山温泉で「材木栄屋」が創業しましたのは、大正10年(1921年)でございます。
 当時は「栄屋」と称して、旅篭屋でございましたが、本業が材木業でございましたところから、
 「材木栄屋」とお客様に呼び親しまれて、今日に至っております。

 館内には、銘木・良材を十分過ぎる程に取り入れましたので、
 今日もなお、木目の美しさ・木調の優しさが、艶やかに品格を表しております。
 一方、創業70周年にあたる平成3年には、新しい時代に合ったおもてなしをお届けするために、
 一部改築も重ね、木の香の宿として、更におもてなしに磨きをかけております。

~昔、つるが脛のキズを癒した名湯!~

【泉質】
 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉(含石こう弱食塩泉)

【効能】
 切傷/火傷/皮フ病/虚弱体質/婦人病/動脈硬化症/五十肩/消化器病/痔疾 他

【禁忌症】
 たいへん発汗性の高い泉質のため、重い心臓病・熱性疾患の方などはご注意下さい。

【入浴時間】
☆ご宿泊のお客様
 24時間入浴可能

●日帰り入浴できます●
 ○入浴時間 11:00~15:00
 ○入湯料 800円
 
◆食事は、地元名産の素材を活かした料理と地酒をどうぞ!
 米沢牛/ステーキ/しゃぶしゃぶ/牛刺し/和懐石膳
 季節の果物/鮎/すき焼き/芋煮(オプション)

◆仙台からは、便利な高速バスもご利用下さい。
<仙台~上山>
 ○毎日6往復
 ○所要時間 約90分(片道)
 ○運賃 1000円(片道)

<仙台~山形>
 ○所要時間 約60分(片道)
 ○運賃 800円(片道)

◆上山温泉にお越し下さい。
<足湯めぐり>
 市内5つの足湯でリラックス。
 すべての足湯をまわった方には、記念品のプレゼントもあります。

<湯めぐり>
 「ゆかった手形」を使うと、宿泊した旅館以外のお風呂にも入浴できます。
 ゆかた姿で歩いてみませんか?

 「ゆかった手形」は、旅館フロントにて販売しております。
 (10枚綴り 1000円)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 さくらんぼ狩り、山寺、最上川川下り、蔵王でスキーなど、
 年間を通じて楽しめる山形観光に便利な上山・・・皆様のお越しをお待ちしております。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

全国温泉旅館ナビのおすすめ旅館一覧はこちら。

    • みどりや旅館 山形県最上郡最上町大字富澤847 電話0233-45-2231
    • 豊国館 群馬県吾妻郡嬬恋村大字干俣万座温泉2401 電話0279-97-2525
    • 大阪屋旅館 群馬県吾妻郡草津町大字草津356 電話0279-88-2411
    • 足摺国際ホテル 高知県土佐清水市足摺岬662 電話0880-88-0201
    • まつや千千 福井県あわら市舟津31−24 電話0776-77-2560
    • ひいらぎ山荘 新潟県南魚沼市小栗山2146 電話025-773-6279
    • 旅館竹楽亭 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陰3208−1 電話0967-67-1212
    • 温泉旅館丸茂 鳥取県鳥取市永楽温泉町458 電話0857-23-1311

今日のお勧め記事 ⇒ 大分県 由布院・湯平温泉

湯平温泉は、大分県由布市湯布院町湯平にある温泉です。 その歴史は、隣接する由布院温泉よりも古く、言い伝えによりますと、鎌倉時代に始まるとされ、史料でも室町時代には存在していたことが確認されています。 昭和の町村大合併で旧由布院町と合併して旧湯布院町となる以前は、療養型温泉として知られ、戦前は別府温泉に次ぐ、九州で第2位の入湯客を誇る温泉地として名を馳せていました。 現在のような温泉街の骨格が出来上がったのは江戸後期で、今から約300年前に工藤三助という人が現在の石畳を作った

全国温泉旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。